« 白鳥さんや鯉たちも喜んでいます | トップページ | 久しぶりに »

ドクダミの花

志高の日陰の地に目を向けるとドクダミの花が咲いています。触るとあの独特のにおいがします。”「ドクダミ」ドクダミ科ドクダミ属
ドクダミは本州以南の日本各地、中国大陸から東南アジアに広く分布する多年生草本。湿り気のある路傍や林縁、水路沿いなどに生育し、独特の臭気がある。和名であるドクダミの語源は「毒痛み」あるいは「毒ため」であるといわれる。様々な薬効があり、民間薬として腫れ物、皮膚病などに利用され、「十薬」とも呼ばれる。
 葉は心形で暗緑色。しばしば赤味を帯びて斑紋ができる。葉柄や縁は赤色であるのが普通。地下茎を持つので群落を形成して繁茂する。”(岡山理科大学総合情報学部生物地球システム学科植物生態研究室HPより)    Pict0029_2

|

« 白鳥さんや鯉たちも喜んでいます | トップページ | 久しぶりに »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202655/15725434

この記事へのトラックバック一覧です: ドクダミの花:

« 白鳥さんや鯉たちも喜んでいます | トップページ | 久しぶりに »