« ポプラの木、その4 | トップページ | 白鳥さんや鯉たちも喜んでいます »

ヤマボウシの実

志高のヤマボウシの白い総苞片がなくなり、花が実になりました。 
”花は6~7月に開き、淡黄色で小さく、多数が球状に集合し、その外側に大形白色の総苞片が4枚あり、花弁のように見える。
果実は集合果で9月頃に赤く熟し、直径1~3センチで球形、食用になる。種子は約3ミリで、大きい果実には3~4個、小さい果実では1個入っている。果肉はやわらかく黄色からオレンジ色でありマンゴーのような甘さがある。果皮も熟したものはとても甘く、シャリシャリして砂糖粒のような食感がある。果実酒にも適する。 (出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)”   Yamab

|

« ポプラの木、その4 | トップページ | 白鳥さんや鯉たちも喜んでいます »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202655/15682514

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマボウシの実:

« ポプラの木、その4 | トップページ | 白鳥さんや鯉たちも喜んでいます »