« こぶしの実 | トップページ | 嵐の前の静けさ、栗の木 »

エゾミソハギ(蝦夷禊萩)

Misohagi 志高湖の湖周の水辺で、エゾミソハギの花が見れます。ミソハギ科ミソハギ属
ミソハギとの違いはミソハギより大型で茎や葉などに毛が生えているところや,葉が茎を抱くところです。ミソハギ同様、旧暦のお盆の頃に咲くのでボンバナ(盆花)ショウリョウバナ(精霊花)とも呼ばれてます。名前の由来はハギに似ていて、禊(みそぎ)に使ったことから禊萩といわれる。

|

« こぶしの実 | トップページ | 嵐の前の静けさ、栗の木 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202655/15975375

この記事へのトラックバック一覧です: エゾミソハギ(蝦夷禊萩):

« こぶしの実 | トップページ | 嵐の前の静けさ、栗の木 »