« 秋の気配・・・すすき | トップページ | 瑠璃色の玉・・・ヒゴタイ »

ツルボ(蔓穂)

Turubo この花の名前がなかなか分からなくて、2週間ほど色々と調べていたのですが、ツルボであると分かったときはうれしかったですね。志高湖の奥の湖周道路沿いに見られます。ツルボ(蔓穂)ユリ科ツルボ属 "ツルボは海岸の崖地に生育するほか、土手や田の畦などに生育する。海岸の崖地は人手の加わらない自然性の高い立地であるが、溜池の堤防などは、定期的な刈り取りが行われる典型的な里地の草原である。どこに共通性があるのであろうか?
 ツルボは春と夏、2回葉を展開させる。刈り取り草地に生育するツルボは、春の田植え前の草刈後に葉を展開させ、夏草が茂るに伴って一度休眠し、その後お盆頃の草刈後に花茎を伸ばすと同時に再び葉を展開させる。まるで農業暦を知っているかのような、葉の展開である。ちゃんと草刈をやっていないため池の堤防には生育できないことになる。さて、海岸の崖地ではどうであろうか。真夏の海岸の崖地は高温になり、生育は大変であろう。真夏の強烈な暑さの時期には休眠し、春の温暖な季節と秋風が吹き始めたお盆過ぎから葉を展開させる戦略であり、これも日本の四季に見事に適応した葉の展開戦略である。
 このように考えてみると、本来は海岸の植物であり、そのライフサイクルが日本の農業暦とも一致し、溜池の堤防にも進出が可能であったものと考えることができる。"(岡山理科大学総合情報学部生物地球システム学科植物生態研究室HPより)

|

« 秋の気配・・・すすき | トップページ | 瑠璃色の玉・・・ヒゴタイ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202655/16350784

この記事へのトラックバック一覧です: ツルボ(蔓穂):

« 秋の気配・・・すすき | トップページ | 瑠璃色の玉・・・ヒゴタイ »