« 秋の一日 | トップページ | ワレモコウ »

ツリフネソウ(釣船草)

P9100031 道端に咲いていて群生していますので、通り過ぎてしまいそうになるのですが、よく見るとこの花は変わった形をしています。花が帆掛け船を釣り下げたような形をしていることが名前の由来になっています。種子が熟すと、ホウセンカなどと同様に弾けて飛び散るように拡がります。ツリフネソウ(釣船草) ツリフネソウ科 ツリフネソウ属 花が花器の「釣船」と言う、竹や陶器などで出来て、紐でつるす花活けの容器に似ている事から付いた名前との説もあります。Turihune

今日の志高は気温、21度(9時)24度(12時)25度(15時)で、一日秋晴れで快晴の素晴らしい天気でした。別府大学付属幼稚園の園児が遠足に来ていました。

|

« 秋の一日 | トップページ | ワレモコウ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202655/16407253

この記事へのトラックバック一覧です: ツリフネソウ(釣船草):

« 秋の一日 | トップページ | ワレモコウ »