« ミコシグサ(神輿草) | トップページ | 秋の芳香 »

寒露(かんろ)

今日は二十四節気の1つ寒露(かんろ)です。太陽黄経が195度のときで、露が冷気によって凍りそうになるころ。雁などの冬鳥が渡ってきて、菊が咲き始め、コオロギなどが鳴き止むころとのことです。だんだんと秋が深まっていく頃なのですね。志高に居ると、自然の暦の移ろいが良く感じられます。ということで秋を感じる志高の秋景色を・・・向こうで黄葉している木は八重桜の木です。 (6日の風景です)湖の奥の湖周道路から湖の北方を望みました。   071006

|

« ミコシグサ(神輿草) | トップページ | 秋の芳香 »

風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202655/16712137

この記事へのトラックバック一覧です: 寒露(かんろ):

« ミコシグサ(神輿草) | トップページ | 秋の芳香 »