« 豊後富士 | トップページ | 後楽園の大観覧車 »

志高湖のアオサギ(青鷺)

Aosagi1 志高湖のアオサギ(青鷺)です。首を縮めて立っています。体長は90cm前後で、日本に分布するサギ類の中では最大種です。コウノトリ目・サギ科に分類される鳥の一種です。他のサギ類と同様に川べりや水田、干潟などで首を縮めて立っている姿や、首を伸ばして獲物をねらっている様子がよく見られます。魚、カエル、甲殻類、昆虫類などを捕食する。コイの稚魚を食べるため、コイの養殖業者はいけすにネットを張るなどして対策する。しかし、日本庭園などでは景観上、池にネットを張ることができない。京都迎賓館のニシキゴイへの被害も報道されている。京都迎賓館で行われた2005年11月の日米首脳会談の昼食会では、飛来したアオサギがブッシュ米大統領を喜ばせたというエピソードがある。その時は、テロ警戒の厳しい警備体制のためか、コイの稚魚を取らずに飛び去ったという。

|

« 豊後富士 | トップページ | 後楽園の大観覧車 »

生き物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202655/16758594

この記事へのトラックバック一覧です: 志高湖のアオサギ(青鷺):

« 豊後富士 | トップページ | 後楽園の大観覧車 »