« イヌホウズキの花 | トップページ | 秋なのに・・・ »

実りの秋・・・ムカゴがたくさん

ムカゴとは? いわゆるヤマイモの種とばかり思っていたら違うのですね、わき芽の一種で、葉の付け根につく養分を蓄える小さな球状の塊のことで、土の上に落ちて新しく株を作る球根のようなもの。珠芽(しゅが)ともいう。ヤマイモやユリの仲間などに見られます。ヤマイモ以外の物でもムカゴです。まあヤミイモの種でもあるわけですが。志高でも、あちらこちらで見られます。ということは下にヤマイモがあるということです。今年の干支の猪さんがあちらこちらをほじくりかえして、食料にしています。  Mukago
今日の志高は、曇で気温は18度(9時)19度(12時)20度(15時)でした。ボート乗り場では、水面を渡ってくる風にあたると、上着を着ていないと寒いほどでした。

|

« イヌホウズキの花 | トップページ | 秋なのに・・・ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202655/16678225

この記事へのトラックバック一覧です: 実りの秋・・・ムカゴがたくさん:

« イヌホウズキの花 | トップページ | 秋なのに・・・ »