« 赤い実・・・アオキ | トップページ | 水玉 »

スティーブン・キングの小説と雲

雲が鶴見山を覆いつくそうとしています。以前読んだスティーブン・キングの小説に闇(黒い雲)が町を覆いつくし襲って来るという内容のものがありましたが(そこのところしか憶えてないのですが、それからどうなったかは?)それを彷彿させるかのような雲でした。今日の志高はこの雲が来るまでは、晴れていたのですが、その後はくもりのままでした。   Turumikumo

|

« 赤い実・・・アオキ | トップページ | 水玉 »

風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202655/17454901

この記事へのトラックバック一覧です: スティーブン・キングの小説と雲:

« 赤い実・・・アオキ | トップページ | 水玉 »