« 志高湖キャンプ場 | トップページ | ホウチャクソウ(宝鐸草)  »

ウワミズザクラ(上溝桜)

ウワミズザクラ(上溝桜)は、バラ科サクラ属の落葉高木です。サクラの原種だと言われていますが、パッと見サクラらしくないのです。でも花の一つ一つを見ると、サクラの形をしていますね。五弁の花ビラを大きくするとサクラになりますね。そして葉はサクラの葉と同じですね。京都御所の蛤御門の前に一面に白い穂状の花を付ける木があるそうです、これがウワミズザクラとのことです。昔は、亀甲で占うとき、この木の上面に溝をほって使用したことから「上溝」桜と呼ばれているとのこと。これを天皇の即位に用い大変珍重したようです。従って、”ありがたい”桜の木ということです。志高湖のバイパス道路沿いに4~5本見られます。今満開です。

080504b

080504c 080504a

|

« 志高湖キャンプ場 | トップページ | ホウチャクソウ(宝鐸草)  »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 志高湖キャンプ場 | トップページ | ホウチャクソウ(宝鐸草)  »