« バッタ? | トップページ | 志高湖ほぼ満水です。 »

アジサイが色づき始めました

志高湖の湖周遊歩道のアジサイが色づき始めました。アジサイ(紫陽花)は、アジサイ科アジサイ属の植物の総称です。花の色は、助色素というアントシアニンの発色に影響を与える物質のほか、土壌のpH濃度、アルミニウムイオン量によって様々に変化する。そのため、「七変化」とも呼ばれる。日本原産の最も古いものは、青色だという。花はつぼみのころは緑色、それが白く移ろい、咲くころには水色、または薄紅色。 咲き終わりに近づくにつれて、花色は濃くなっていく。「あじさい」の名は「藍色が集まったもの」を意味する「あづさい(集真藍)」が訛ったものと言われる。また漢字表記に用いられる「紫陽花」は、唐の詩人白居易が別の花(ライラックか?)に名付けたもので、平安時代の学者源順がこの漢字をあてはめたことから誤って広まったといわれている。(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

080614a

|

« バッタ? | トップページ | 志高湖ほぼ満水です。 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バッタ? | トップページ | 志高湖ほぼ満水です。 »