« その後の白鳥の子供 | トップページ | 第33回志高湖火まつり »

ヤマホトトギス ( 山杜鵑草)

今日の志高の朝の気温22℃、最高気温は26℃でした。朝は涼しくなりました。

ヤマホトトギス ( 山杜鵑草) ユリ科  ホトトギス属 が咲き始めました。

”ホトトギス”と聞けば小鳥を思い浮かべる人が多いことでしょうが、植物にもホトトギスと呼ばれる野草がある。この名前は花びらにある紫色の斑紋がホトトギス(小鳥)の胸の斑紋と似ていることから付けられたとされている.ホトトギス(小鳥)のは横縞模様であるが、野草の斑紋には横縞模様から大小の斑点まで様々なものがある。(国立科学博物館ホームページより)

080821a

上の写真の葉っぱはヤマイモの葉です。ヤマホトトギスに巻きついていました。ヤマホトトギスの葉は下の写真です。

080821b

|

« その後の白鳥の子供 | トップページ | 第33回志高湖火まつり »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« その後の白鳥の子供 | トップページ | 第33回志高湖火まつり »