« コマツナギ(駒繋) | トップページ | ヒゴタイの花 »

なんともすさまじき名前の花

ヘクソカズラです。湖周遊歩道沿いで見られます。ヘクソカズラ とはアカネ科ヘクソカズラ属の植物の一種。別名ヤイトバナ、サオトメバナ。古名はクソカズラ(糞葛・屎葛)。日本各地、東アジアに分布する蔓性の多年草で、至る所に多い雑草。葉や茎に悪臭があることから屁屎葛(ヘクソカズラ)の名がある。花弁は白色、中心は紅紫色であり、その色合いが灸を据えた跡のようなのでヤイトバナ(灸花)の別名がある。(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

080805a

|

« コマツナギ(駒繋) | トップページ | ヒゴタイの花 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コマツナギ(駒繋) | トップページ | ヒゴタイの花 »