« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

ガマズミ

志高湖の湖周遊歩道沿いにガマズミの実が赤く生り目に付きます。ガマズミ (スイカズラ科ガマズミ属)和名にあたる漢字がないのですね。名の由来に漢名「莢迷(きょうめい)」の音読みから、「カメ」に転訛(てんか)して、「ガマ」になり、果実の酸味の、「スミ」と結びついて、ガマズミの名になったという説があるとのこと。この赤い実は青森地方ではその昔、疲労回復の妙薬としてマタギたちに重宝されていたそうです。

081031a

081031b

| | コメント (0)

アキノキリンソウ(秋の麒麟草)

アキノキリンソウ(秋の麒麟草)です。植物の名前はカタカナで記すことが決まりだそうですが漢字のほうが植物のイメージが湧きやすいですよね。キク科アキノキリンソウ属の多年草です。志高でも日当たりの良いところで見られます。

081030t

081030s

| | コメント (0)

ムク(椋)の実

志高の湖北の斜面にありますムクノキ(椋木)の実が今年は大量に生っています。昨年は少なかったのですが。子供の頃(昭和の30年代)にはよく食べたものです。ムクノキ(椋木、椋の木)はニレ科ムクノキ属の落葉高木。単にムク(椋)、またはムクエノキとも言う。成長が比較的早く、大木になる。花期は4-5月頃。花には雄花と雌花がある。葉と展葉とともに葉の根元に淡緑色の小さな花を咲かせる。花の後に直径7-12mmの球形で緑色の果実(核果)をつける。熟すと黒紫色になり食べられる。味は非常に甘く、美味である。ムクドリなどがよく果実を食べに集まり、種子の散布にも関与している。( フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

081029a

081029b

| | コメント (0)

リンドウ(竜胆)

秋の花のリンドウ(竜胆)ですが、志高ではあまり見れません。数株しか有りません。春のハルリンドウはたくさん見れるのですが。大将軍山にありました。リンドウ科リンドウ属の多年生植物です。

081028a

| | コメント (0)

ミコシグサ(神輿草)

種子を飛散させた後で果柄を立てた様が神輿のように見える事から、ミコシグサとも呼ばれる。物はゲンノショウコ(現の証拠)の花の後です。志高の日当たりの良い所ならばどこでも見れます。ただし目を凝らしてください。小さいですから。

081027c

| | コメント (0)

アキグミ(秋茱萸)の実

アキグミ(秋茱萸)の実が熟れています。普通のグミの果実は初夏にできますが、秋に果実が熟すことからアキグミです。グミ科グミ属の落葉低木の落葉樹で、樹高は2-3m程度に成長する。葉は白っぽい緑色。初夏に黄色の花を付け、秋に朱から赤色の直径8mmほどの実を付ける。実は食用となるが、タンニンを多く含むため強い渋みを感じさせる。また、実にトマトの7〜17倍のリコペンを含む。とのことです。志高の芝広場の奥のほうに見られます。

081026a

| | コメント (0)

ヤマラッキョウ(山辣韮)の花

志高の日当たりの良い草地でヤマラッキョウ(ユリ科ネギ属の多年草)の花が見られるようになりました。あちらこちらにありますので探してみてください。すぐに見つかりますよ。

081025a

| | コメント (0)

コハウチワカエデ

国民宿舎跡の駐車場にありますコハウチワカエデ(小羽団扇楓)の紅葉のグラデーションが綺麗です。

081024a

葉の部分は 081024c

| | コメント (0)

ナギナタコウジュ(薙刀香薷)

歯ブラシのような花が咲いています。ナギナタコウジュ(シソ科ナギナタコウジュ属の一年草)です。名前の由来は、秋に枝先に咲く花穂(かすい)が、薙刀(なぎなた)のように片面だけに付く様子と、芳香がシソとハッカを合わせたような香気があり、中国の香薷(こうじゅ)という薬草に似ているので、和名がナギナタコウジュと呼ばれるようになったとされています。 志高の芝生広場の奥のほうの溝べりに咲いています。

081023a

081023b

| | コメント (0)

ヤマボウシの紅葉

山法師(ヤマボウシ)の葉の紅葉です。ところで志高では昨年の今頃はたくさんのヤマボウシの赤い実が生っていたのですが、今年はまったくありません。どうしたのでしょうか?生り年があるのでしょうか。神楽女湖の方では昨年も今年もたくさんの実が生っているのですが。疑問です。なにわともあれともかく紅葉は美しいですね。

081022a

081022b

| | コメント (0)

すすき

「すすき」が綺麗に撮れました。過ぎ行く秋を感じます。

081021a

アケビの実も熟れて割れています。鳥たちが食くしにきます。 081021b

| | コメント (0)

モミジの紅葉

志高湖の丘のモミジも枝の先のほうから紅葉してきました。

081020c_2 

081020d

| | コメント (0)

第21回 別府湯けむり健康マラソン・ウォーク大会

秋空ときれいなケヤキの黄葉の下、第21回 別府湯けむり健康マラソン・ウォーク大会が開催され、たくさんの方々がお越しでした。

081019a

081019b

| | コメント (0)

鶴見山頂

志高の桜の紅葉越しに鶴見山頂を望んでみました。

081018b

| | コメント (0)

ウメバチソウ(梅鉢草)

ウメバチソウがやっと咲きました。本当ようやくという感じです。蕾を見つけてから2週間ほどになります。まだかまだかと待っていました。場所は志高湖の湖周遊歩道を歩いていると見つけられます。数本しか有りません。ウメバチソウ(梅鉢草)とはユキノシタ科ウメバチソウ属の多年草。花が梅の花を思わせる。「梅鉢草」の由来は、花の形が菅原道真の家紋の梅鉢紋に似ているためだといわれている。

081017a

| | コメント (0)

今日も秋晴れ

志高は、今日も秋晴れの良い天気でした。最高気温17℃。過しやすい気温です。

桂の葉が黄葉しています。そして近づくと濃厚な甘味の香りがします。

081016b

湖の北斜面です。 081016a

| | コメント (0)

今日は快晴の秋の一日

今日は一日快晴の素晴らしい天気でした。ケヤキの黄葉も色づきがよくなってきました。

081015c

081015b 081015c_2

| | コメント (5)

山桜の紅葉

志高のレストハウス前駐車場入口にあります山桜の紅葉が、今年はとてもきれいです。

081014b

081014a

| | コメント (0)

今日は満月

只今、18時です。志高湖の西の空は夕焼けがとてもきれいです。後ろを向くと東の空には真ん丸いお月様です。自然に包まれとても豊かな穏やかな気持ちです。

081013b

先日の十三夜のお月様に今日は夕焼け雲と十五夜のお月様。 081013a

| | コメント (0)

栗の実

昨夜は栗名月でした。志高湖の湖周遊歩道沿いにあります栗の木の実も熟して、木の周りにはイガや栗の実が落ちています。それを野生の動物が食べています。

081012a

081012b

| | コメント (1)

十三夜

今日10月11日は十三夜のお月見ですね。十三夜とは旧暦9月13日のお月見のことで、旧暦8月15日の十五夜の後に巡ってくる十三夜をさします。十三夜は十五夜に次いで美しい月だと言われているため、中秋の名月(十五夜)から約1か月後に巡ってくる十三夜のお月見を昔から大切にしていて、十五夜または十三夜のどちらか一方しか観ないことを「片見月」と呼び、縁起が悪いこととしていました。また、十三夜には栗や枝豆を供えることから「栗名月」「豆名月」ともいいます。(暮しの歳時記より)

志高湖の今日の17:30のボート乗場です。写真の右上の小さな丸い白い点のような物が十三夜のお月様です。

081011b

上のお月様の拡大です。 081011a

| | コメント (0)

ギンリョウソウモドキ(銀竜草擬)

ギンリョウソウモドキ(銀竜草擬)はシャクジョウソウ科(イチヤクソウ科に含めることもある。)シャクジョウソウ属の多年草。秋に開花することから、アキノギンリョウソウともいう。

志高湖の湖南の湖周遊歩道沿いで見られます。

081009b

081009a

| | コメント (0)

セイタカアワダチソウ(背高泡立草)

以前はセイタカアワダチソウが在来種を凌駕しつくすかのように言われたことがありましたが、ごらんのように今はススキと一緒に仲良く咲いています。セイタカアワダチソウも以前の勢いはないですね。またあまり見られなくなりました。・・・無常・・・。

081007b

| | コメント (0)

イヌショウマ(犬升麻) 

イヌショウマの花です。植物で人の役に立たない物の名には「イヌ」がついていますが、この植物もそうです。ショウマとはサラシナショウマ(晒菜升麻)のことで,サラシナショウマは干した根が漢方薬として使われるのに対して,イヌショウマは薬用にならないのでつけられた名前です。花はそれなりにカワユイのですが、白い花ですからあまり目立ちません。キンポウゲ科サラシナショウマ属.の多年草です。志高湖南の林の中で見られます。

081006a

| | コメント (0)

雨の志高湖

今日は朝から一日雨降りでした。気温も朝15℃でお昼でも17℃が最高気温です。ボートもお休みです。湖上の3つの白いものは、手前のおっきな白いものはヤモメの白鳥さんです。向こうの2つの白いものは(親離れ訓練中の)子供の白鳥さんです。

081005a

| | コメント (0)

落陽

今、17:30です。志高のボート桟橋での落陽です。

081004a

| | コメント (0)

キンモクセイ(金木犀)

良い香りが漂っています。キンモクセイの花が咲きました。志高湖周遊歩道沿いに咲いています。キンモクセイ(金木犀)はモクセイ科モクセイ属の常緑小高木樹で、ギンモクセイの変種。中国南部が原産で江戸時代に渡来した。桂花とも呼ばれる。

081003a 081003b

| | コメント (0)

フジバカマ

秋の七草の一つ、フジバカマ(藤袴)です。志高の野草ゾーンで見れます。

081002a

| | コメント (0)

風になびくススキ

今日から10月ですね。志高のススキも風になび081001b き光を浴び、美しく見えます。

| | コメント (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »