« アキノキリンソウ(秋の麒麟草) | トップページ | 紅いモミジと緑のモミジ »

ガマズミ

志高湖の湖周遊歩道沿いにガマズミの実が赤く生り目に付きます。ガマズミ (スイカズラ科ガマズミ属)和名にあたる漢字がないのですね。名の由来に漢名「莢迷(きょうめい)」の音読みから、「カメ」に転訛(てんか)して、「ガマ」になり、果実の酸味の、「スミ」と結びついて、ガマズミの名になったという説があるとのこと。この赤い実は青森地方ではその昔、疲労回復の妙薬としてマタギたちに重宝されていたそうです。

081031a

081031b

|

« アキノキリンソウ(秋の麒麟草) | トップページ | 紅いモミジと緑のモミジ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アキノキリンソウ(秋の麒麟草) | トップページ | 紅いモミジと緑のモミジ »