« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

くじらボートさん達ごくろうさま

今日は「志高湖お客様感謝デー」でボートは無料開放でした。晩秋の穏やかなよいお天気で、たくさんのお客様がお越しでした。もうすぐ陽が落ちて一日が終わろうとしています。そして今期のボート稼動も終わりです。鯨ボートさん、あひるボートさん、白鳥ボートさん達ごくろうさまでした。どうぞ来春までお休みください。

081130b

081130c

| | コメント (0)

赤い実、ツルリンドウ(蔓竜胆)

ツルリンドウ(蔓竜胆)の赤い実が出てきました。出てきたという表現がぴったりのような生りかたです。枯れた花の中から出てくるのです。リンドウ科ツルリンドウ属です。

湖南の遊歩道沿いで見れます。小さいですからよく探してみてください。昨年も同じところにありました。

081129a

81129b

| | コメント (0)

メタセコイアの紅葉と枯れ尾花

志高湖管理事務所横にあります二股のメタセコイアがいつのまにかきれいな茶色に変化していました。見ると今年はあまり実が付いていないのですがどうしたのかな?ほんと見事にきれいな茶色です。

081128a

081128b

湖の東奥にひっそりとありますススキが、葉も枯れ花はたんぽぽの綿毛のようにポワポワになりながらもしっかりと風にゆられながら立っています。健気な枯れ尾花です。 081128c

| | コメント (0)

地上のもみじ、もみじの黄葉

 地上のもみじ、もみじの黄葉、国民宿舎の跡地にありますモミジです。

081127a_2

黄色や赤色や茶色や、なかには緑のモミジもあります。

081127b 081127c

| | コメント (0)

地上の紅葉、湖上の紅葉

地上の紅葉、湖上の紅葉、志高湖南の湖岸のもみじです

081126b

081126a

| | コメント (0)

昭和天皇植樹記念碑南から

昭和天皇植樹記念碑南から湖の方を見ると、太陽の光に透けてモミジの赤が映えて、輝いています。今日の気温、7℃~11℃でした。

081125f 081125e

081125d

| | コメント (0)

もみじの紅葉

志高湖の北側斜面にありますもみじ(このもみじは樹形がきれいな丸形をしており、また紅葉の色づきが美しいです)がきれいな色になりました。(22日の画です)

081123a 081123b

081123c

| | コメント (0)

紅葉のトンネル

志高の丘の湖岸のモミジがちょっとした紅葉のトンネルのようになっていて、なかなか趣がありますよ。いまが見ごろです。

081122b 081122a

お昼に空を見ると、鳥の羽根のような雲が出ていました。 081122c

| | コメント (0)

大島桜の紅葉

この頃になると大島桜の紅葉が美しくなります。まだ緑の葉もありますが、青空を背に紅い葉が綺麗です。

081121b

志高湖周遊道路沿い大将軍山の下です。鶴見山を背景に。081121a

081121c

北側斜面の大島桜 081121d

081121e

| | コメント (0)

アヒル団子

風が強く寒いので、アヒルも真丸くなり団子状態です。

081120a

| | コメント (0)

初雪・寒波

志高は寒波襲来で初雪です。今日は時折、陽が射すこともありましたが一日雪が舞い、寒かったですね。朝8時は0℃、12時に2℃、17時はマイマス1℃でした。画は朝8時の防火線の畝の雪です。雪が舞っているのですが画には表れていないですね。081119a_2

081119b

| | コメント (0)

フウ(楓)の紅葉

志高の大将軍山の尾根にありますフウ(楓)(マンサク科フウ属)の紅葉の赤がきれいです。「フウは台湾から中国南部原産の落葉高木。江戸時代中期に渡来したとされる。同属のモミジバフウとともに並木や公園などに植栽される。樹高は20mほどになるとされるが、原産地では40~60mもの大木になるという。古くから公園などに植栽されてきたが、近年では街路樹に使われることが多くなり、目立つようになってきた。漢字では「楓」であり、これが本来のカエデであるのかもしれない。」(岡山理科大学植物生態研究室(波田研)のホームページより)

081118a

風の強い大将軍山の尾根にあり、だいぶ散ってしまってますがそれでも目立ちます。

081118b

| | コメント (0)

大将軍山の銀杏の木

大将軍山の銀杏の木が黄葉しています。枝によっては画のように緑から黄色のグラデーションのイチョウの葉が見れます。

081117a

081117b

| | コメント (0)

志高湖南岸の紅葉

志高湖の南岸の紅葉を湖上をボートに乗り楽しみました。ボートでの「紅葉狩り」はなかなか趣があってよろうしゅうございました。湖上にて目の高さを低くするだけで、いつもの地上とは異なる紅葉狩りが楽しめます。皆さんも如何ですか。

081116f

081116d

081116e

081116c

| | コメント (0)

湖南の遊歩道の紅葉

志高湖湖南の遊歩道の紅葉もこのところの気温の低下で一気に進んでいます。日毎に紅くなっています。

081115a

081115b

081115c

| | コメント (0)

これで終わりケヤキの黄葉

私がケヤキの木が好きなのでよく登場すると思いますが、これで最後のケヤキの黄葉です。同じケヤキでも個体差があるのか、葉が茶色になるケヤキの木と黄色になるケヤキの木です。画の黄葉はどちらもケヤキです。志高湖の北側の斜面にあります。

081114b

青空を背景にしたケヤキの葉 081114c

落ち葉となったケヤキの葉 08114d

| | コメント (0)

マルバノホロシ(丸葉の保呂之)の赤い実

マルバノホロシ(丸葉の保呂之)の赤い実が生っています。これも昨日のイヌホオズキと同じナス科ナス属です。志高湖湖南の遊歩道沿いで見られます。

081113a

081113b

このモミジは湖南の東の遊歩道沿いですが、一つの枝に緑、黄色、赤のモミジと渾然としています。これもまたよしですね。 081113c

081113d

| | コメント (0)

イヌホオズキの花と実

イヌホオズキ(ナス科ナス属)の花が咲いています。志高湖の柳の木近くの湖周遊歩道沿いです。

081112b

イヌホオズキの実です。ナス属ですのでナスを小さくしたものみたいです。 081112a

今日は快晴でお天気がよくモミジも青空だと赤が映えます。 081112c 081112d

| | コメント (0)

リンドウ(竜胆)その後

10月28日にリンドウは数株しか見当たりませんと書きましたが、今ではあちらこちらでいっくらでも見れます。先月は出初めだったのですね。ヤマラッキョウ(ユリ科ネギ属の多年草)の花も一つ一つの花が開いて、これも今年はあちらこちらで見れます。

081111b

081111c

丘の遊歩道より上にあるモミジは木全体が色づいています。 081111f

色づいたモミジです、黒い小さなブーメラン様のものは、モミジの種です。 081111e

| | コメント (0)

紅葉

丘のモミジが早いものは真っ赤になっています。

081110a

081110b 081110c

| | コメント (0)

落ち葉その2

昨日からの雨で志高湖の湖周遊歩道などが落ち葉に埋もれていました。

湖南の遊歩道も、落ち葉で埋もれています。

081109a

上の続きの湖南の遊歩道です。 落ち葉で埋もれています。

081109b_2

志高から神楽女湖への遊歩道の階段もクヌギの落ち葉で埋もれています。 081109c_2

丘のケヤキの落ち葉が美しい色合いをしています。 081109d_3

| | コメント (0)

落ち葉

旧国民宿舎まえのケヤキの落ち葉です。

081108a

| | コメント (0)

ヤマボウシの真っ赤な紅葉

志高湖の北側斜面の上の方にあります3本のヤマボウシが真っ赤に紅葉しています。

081107a

081107b

| | コメント (0)

ハキダメギク(掃溜菊)

ハキダメギク(掃溜菊)とはキク科コゴメギク属の一年生植物です。大正時代、東京世田谷の掃き溜めで見つかったことから植物学者・牧野富太郎によって命名されたとのことですが、またかわいそうな名前ですね。しかし銘々がアンチョコですね。花に対する愛情がないのでしょうか。

志高の大将軍山下の湖周遊歩道沿いのホント掃き溜めのような所に咲いています。花の大きさは5mm程で小さいのですが一つ一つの花はかわいらしいですよ。

081106d_2

081106e

| | コメント (0)

朝露

今朝(8時)の気温7℃、気温が一桁になりました。草地が白く見えるのは、露がびっしりついているからです。お日様がよくでていたので、お昼には気温も15℃になりました。風もなかったので、寒くはなかったですね。

081105b

081105a

| | コメント (0)

モミジの紅葉

志高湖の湖周遊歩道を左回りに歩き、湖南の水門を過ぎ白竜神社の鳥居をくぐり一歩二歩三歩、歩き左上に目をやると写真のような紅葉が見れます。

081104c

目線を下に向けると次の写真です。 081104a                                                        アップにしますと  081104b

| | コメント (0)

ダンデライオン

今日は「文化の日」、菊に因んだ野花を、キク科のタンポポです。志高湖の湖周遊歩道沿いに黄色も鮮やかなタンポポがありました。

松任谷由実作詞 の歌「 ダンデライオン」の歌詞 に「風に乗り飛んで来た、はかない種のような愛は、やがて来る冬を越えてゆく、君はダンデライオン」とありますがダンデライオンとはタンポポの英語名だったのですね。

タンポポ(蒲公英)は、キク科タンポポ属 (Taraxacum) の多年生植物の総称である。なお、英名のdandelionはフランス語で「ライオンの歯」を意味するdent-de-lionに由来するが、これはギザギザした葉がライオンの牙を連想させることによる。 花言葉は、「思わせぶり」。(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

英名は花でなく葉に由来しているのですね。

081103c

| | コメント (0)

ハゼノキ

ハゼノキの紅葉とハゼの実です。ハゼノキ(櫨の木、黄櫨の木)はウルシ科ヌルデ属の落葉小高木。単にハゼとも言う。日本には、果実から木蝋を採取する資源作物として、江戸時代に琉球王国から持ち込まれ、それまで木蝋の主原料であったウルシの果実を駆逐した。古い時代には現在のヤマウルシやヤマハゼといった日本に自生するウルシ科の樹木のいくつかを、ハゼと称していた。秋に直径5-15mmほどの扁平な球形の果実が熟す。果実の表面は光沢があり無毛。未熟果実は緑色であり、熟すと淡褐色になる。中果皮は粗い繊維質で、その間に高融点の脂肪を含んだ顆粒が充満している。冬になると、カラスやキツツキなどの鳥類が高カロリーの餌として好んで摂取し、種子散布に寄与する。種子は飴色で強い光沢があり、俗に「きつねの小判」、若しくは「ねずみの小判」と呼ばれる。(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

赤い葉にお日様が当たってないので紅さが映えてないですね。志高湖の湖周遊歩道沿いで見られます。

081102a

| | コメント (0)

紅いモミジと緑のモミジ

紅葉したモミジとまだ緑のモミジの重なりです。志高湖の湖南の湖周遊歩道沿いのモミジの紅葉はまだまだです。今日から11月ですが、これから寒さがすすむと紅葉もすすんでくることでしょう。

081101b

| | コメント (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »