« 朝露 | トップページ | ヤマボウシの真っ赤な紅葉 »

ハキダメギク(掃溜菊)

ハキダメギク(掃溜菊)とはキク科コゴメギク属の一年生植物です。大正時代、東京世田谷の掃き溜めで見つかったことから植物学者・牧野富太郎によって命名されたとのことですが、またかわいそうな名前ですね。しかし銘々がアンチョコですね。花に対する愛情がないのでしょうか。

志高の大将軍山下の湖周遊歩道沿いのホント掃き溜めのような所に咲いています。花の大きさは5mm程で小さいのですが一つ一つの花はかわいらしいですよ。

081106d_2

081106e

|

« 朝露 | トップページ | ヤマボウシの真っ赤な紅葉 »

風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 朝露 | トップページ | ヤマボウシの真っ赤な紅葉 »