« 松 | トップページ | シーダーローズ »

七草

今日は人日(じんじつ)の節句です。五節句の一つで、七種粥を食べることから七草の節句ともいう。

古来中国では、正月の1日を鶏の日、2日を狗(犬)の日、3日を猪(豚)の日、4日を羊の日、5日を牛の日、6日を馬の日とし、それぞれの日にはその動物を殺さないようにしていた。そして、7日目を人の日(人日)とし、犯罪者に対する刑罰は行わないことにしていた。

また、この日には7種類の野菜(七草)を入れた羹(あつもの)を食べる習慣があり、これが日本に伝わって七種粥となった。日本では平安時代から始められ、江戸時代より一般に定着した。江戸幕府の公式行事となり、将軍以下全ての武士が七種粥を食べて人日の節句を祝った。 (フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

春の七草の一つにホトケノザがありますが、これは標準和名をコオニタビラコというキク科の植物です。

そして、もう一つのホトケノザ(仏の座 )が今、志高で花咲いています。、別名、サンガイグサ(三階草)とも言われています。(シソ科オドリコソウ属一年草です)

090107a 090107b

|

« 松 | トップページ | シーダーローズ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 松 | トップページ | シーダーローズ »