« 椿園 | トップページ | 桃のつぼみ »

アマナの花

志高では、アマナの花が見られるようになりました。北側の防火帯で見られます。アマナは、単子葉植物ユリ科アマナ属の多年草です。早春に白い花を咲かせる小型の草花です。春の花の中でも特に早く咲くもののひとつです。新春に葉を伸ばし、それから花が咲くと、葉は夏頃まで残り、周囲の草丈が高くなると埋もれてしまう。いわゆるスプリング・エフェメラルの型に入る植物です。スプリング・エフェメラル(Spring ephemeral)は、春先に花をつけ、夏まで葉をつけると、あとは地下で過ごす一連の草花の総称。言葉の意味としては、「春の儚いもの」「春の短い命」程度の感じである。スプリング・エフェメラルと呼ばれる植物は、いずれも小柄な草本であり、地下に根茎や球根を持っているほか、花が大きく、華やかな色彩を持つものが多い。小柄であることは、まだまだ寒い時期であり、高く伸びては寒気に耐え難いこととともに、花に多くを割いた結果とも考えられる。また、地下に根茎や球根を持つのは、気温も低く、光も強くない春先に素早く成長し、まず花をつけるために必要である。(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

090328a 090328b

|

« 椿園 | トップページ | 桃のつぼみ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 椿園 | トップページ | 桃のつぼみ »