« 雲と霧の志高湖 | トップページ | クサフジ »

タカトウダイの花

ちょっと形の変わった花です。タカトウダイ(高燈台)は、日本では本州以南に広く分布し、日当たりのよい荒地や畑、湿地などに生えるトウダイグサ科トウダイグサ属に属する多年草です。草丈は70センチメートルほどとなり、背の高いトウダイグサの意で形態はよく似ている。葉は、茎の中程はヘラ型で互生するが、茎の頂部の葉は丸みの強いヘラ型の葉を5枚ずつ輪生する。茎の頂部からは放射状に花茎を伸ばす。花期は6月-8月。苞葉の中に黄色い花を複数つける。秋になると紅葉する。秋の湿原の草紅葉のひとつ。 茎や葉を傷つけると白い乳液を出す。全草にわたり有毒だそうです。、根を漢方薬の大戟として用いる。そのため近縁種には「タイゲキ(大戟)」の名前を持つものが多い。(『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

トウダイは海の灯台ではなく、ロウソクの燭台のトウダイの意です。

090702a

|

« 雲と霧の志高湖 | トップページ | クサフジ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雲と霧の志高湖 | トップページ | クサフジ »