« 白鳥のハートマーク | トップページ | 銀杏の黄葉 »

ワレモコウの花

ワレモコウ(バラ科ワレモコウ属の多年生植物)の花が咲き始めました。

「ワレモコウ」の漢字表記には吾亦紅の他に我吾紅吾木香我毛紅などがある。このようになったのは諸説があるが、一説によると、「われもこうありたい」とはかない思いをこめて名づけられたという。また、命名するときに、赤黒いこの花はなに色だろうか、と論議があり、その時みなそれぞれに茶色、こげ茶、紫などと言い張った。そのとき、選者に、どこからか「いや、私は断じて紅ですよ」と言うのが聞こえた。選者は「花が自分で言っているのだから間違いない、われも紅とする」で「我亦紅」となったという説もある。(『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

090904b

先の方から花が開いていく様子。 090904a

|

« 白鳥のハートマーク | トップページ | 銀杏の黄葉 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 白鳥のハートマーク | トップページ | 銀杏の黄葉 »