« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

12月31日大晦日

志高、今日はこの冬1番の寒さでした。1日中氷点下でした。朝マイナス3℃、お昼マイナス1℃、夕刻マイナス2℃です。お昼ごろ、昭和天皇植樹記念碑に降る雪です。

Pc310015

夕刻、雪もやみ沈んで行く2009年最後の太陽です。残念ながら雲に隠れ直には見えませんが。あと7時間余りで今年も終わりです。さよなら2009年。 091231a

| | コメント (0)

夕日と月

只今17時です。西の空には夕陽が沈んでいきます。今日は29日、今年も押し詰まってきました。あと2日ですね。

091229b

東の空を見ると志高の売店横のハクモクレンの枝越しに月が昇っていました。そういえば、元日の未明には月食が見られるとのこと。お天気が良ければいいですね。 091229a

| | コメント (0)

ヒマラヤ杉の実

今年もヒマラヤ杉の実が散り始めました。木の上の実は

091222a

実の上の部分、いわゆるシーダーローズの部分が散ってしまった残り状態

091222b

地上に降りて地上から出てきたようなシーダーローズです。

091222c

| | コメント (0)

雪の志高

今日は晴天ですが、未明までの雪で白くなっています。駐車場も真っ白です。

Img_0901

由布岳を見ると、さすが豊後富士といわれるだけあります。頂の方が白くなり富士山のようです。 Img_0925

| | コメント (0)

椿

志高の椿の園の椿の花が咲き始めました。

091215a

091215b

| | コメント (0)

綿雲

志高湖の上に綿雲がポカリと浮かび手が届きそうな感じです。初冬の穏やかな一日です。

Pc140002

| | コメント (0)

山茶花

志高の売店の駐車場付近の山茶花の花がいま盛りに咲いています。

Pc070002

Pc070006

| | コメント (1)

月と飛行機と

今朝は中空にまだ月が残っていました。今ではすっかり葉も落ちてしまったポプラの枝越しです。

Pc080009

横をジェット機が飛行機雲を残して Pc080010

垂直尾翼が赤いのでJALでしょう 091208b

| | コメント (0)

大雪

今日は、二十四節気の一つで大雪(たいせつ)です。太陽黄経が255度のときで、雪が激しく降り始めるころ。鰤などの冬の魚の漁が盛んになり、熊が冬眠に入り、南天の実が赤く色付くころとのこと。

志高も今季一番の寒さとなりました。朝8時の気温0℃です。でもまだまだ寒くなりますが。売店の南に設置しています木のベンチは霜で真っ白になっていました。

Dscn2155

| | コメント (0)

初冬

志高で最後まで残る丘の東の一本のモミジの木の紅葉も一昨日と今日の強風で散って終い、志高の秋は終わりました。冬になりました。

091205a

今日は西からの風が強く、柳のところの湖面も白波の立ち方がいつもとは違っていました。 Pc050015

| | コメント (0)

ハクモクレンの冬芽

志高の売店横のハクモクレンはすっかり葉を落とし冬仕様になりました。

091204c

硬い冬芽を何度か脱ぎ直して、春を待ちます。これから永いですね、冬が始まったばかりです。 091204b

ハクモクレンノ木の周りには、脱ぎ捨てた硬い殻が落ちていますよ。

| | コメント (0)

ガマズミの赤い実

ガマズミの赤い実がまだ残っていました。ガマズミ はスイカズラ科 ガマズミ属の落葉低木です。果実は稔ると甘酸っぱく、果実酒などにも使われます。

091203a

| | コメント (0)

志高湖駐車場傍のクヌギと広場のメタセコイア

志高湖駐車場の西側のクヌギの紅葉が散り始め駐車場に降ってきます。掃いても掃いても降ってきます。でももう少しです。向こうの東山の学校が見えてきました。

Dscn2137

広場のメタセコイアの紅葉が盛りです。 Pc020001

| | コメント (0)

赤い実・・・ノイバラ

志高湖の湖岸にノイバラ(野茨)の赤い実がたくさん見られます。

ノイバラはバラ科バラ属の落葉性のつる性低木。日本のノバラの代表的な種。沖縄以外の日本各地の山野に多く自生する。ノバラ(野薔薇)ともいう。そしてこの赤い果実は営実(エイジツ)と称し寫下薬、利尿薬になり、日本薬局方にも記載されている

091201a

| | コメント (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »