« 白梅開花 | トップページ | ホトケノザの花 »

ハコベの花

今日も暖かでした。志高の最高気温19℃です。温度計を見てびっくりしました。うそだ!まだ2月だよ。間違いなし19℃でした。15時の気温です。湖周道路脇で小さな小さな白い花を見つけました。花の大きさが5mmです。花径が5mmしかありません。調べてみると、ハコベの花のようです。茎を地面すれすれに這いつくばったような状態で花を咲かせています。ハコベ(繁縷)とは、ナデシコ科ハコベ属(Stellaria)の総称のこと。または、ハコベ属の種のひとつコハコベ(S. media)のこと。越年草。ハコベラとも呼ぶ。春の七草のひとつ。

100210a

|

« 白梅開花 | トップページ | ホトケノザの花 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 白梅開花 | トップページ | ホトケノザの花 »