« 淡桃色の八重桜 | トップページ | 白鳥の卵 »

ウコンサクラ

志高にもありました。ウコンサクラです。小さな樹形で八重桜の園の奥の方にひっそりと咲いています。花が咲いている時でないと他の桜との見分けがつきませんね。いままで見つからなかったわけです。

ウコン(鬱金)は、サクラの栽培品種である。開花時期はソメイヨシノより遅めの4月中旬頃。花弁に葉緑体をもつなど性質はギョイコウ(御衣黄)に似ているが、色は緑色が弱く淡黄色である。数百品種あるサクラのうちで唯一、黄色の花を咲かせるサクラである。花弁数が15~20枚程度の大輪の八重咲きである。また、ギョイコウのように花弁は厚くなく、気孔もない。名前は、ショウガ科のウコンの根を染料に用いた鬱金色に由来し、それらと混同されないよう「鬱金桜」あるいは「鬱金の桜」と呼ばれることもある。(『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

Dscn2937

100426a

|

« 淡桃色の八重桜 | トップページ | 白鳥の卵 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 淡桃色の八重桜 | トップページ | 白鳥の卵 »