« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

紫陽花、白、桃、青

志高湖、雨に濡れ紫陽花がきれいです。

P6300007

P6300010

| | コメント (0)

今日の志高湖、いろんな雲が出ていました。雲の向こうは突き抜けるような青空です。東の方の空です。

P6280017

西の空は P6280018

| | コメント (0)

鯉の稚魚・・・その2

先日は、黒鯉の稚魚でしたが、こんどは色鯉(錦鯉)の稚魚です。錦鯉の稚魚は黒鯉(真鯉)のように群れるほどたくさんはいないのですが、やはり卵から孵っています。こちらは群れてはいません。川鵜や青鷺のえさにならないように生き延びて大きくなってほしいものです。

100627a 100627b

| | コメント (0)

ハナイカダの実

ハナイカダの花が実になりました。

100626a

| | コメント (0)

栗の花

志高で、あの独特の匂いのする栗の花が咲き始めました。

P6220048

P6220047

| | コメント (0)

鯉の稚魚

志高湖でこの春に生まれた鯉の稚魚達です。群れて湖を回遊しています。1匹の大きさは2cmほどです。

100623b

アップにすると、

100623a

| | コメント (0)

紫陽花

志高湖の紫陽花が咲き始めました。

P6210023

| | コメント (0)

梅の実

志高で春一番に花を咲かせてくれた梅の木に大きな梅の実が生っています。梅雨なのですね。

100620a

| | コメント (0)

ヤマボウシの木

志高のポプラの木の近くにありますヤマボウシの木です。葉の上に花がいっぱい咲き、まるで枝に雪が積もっているようです。

P6180032

| | コメント (0)

ウツボグサ

志高の草地にウツボグサ(靫草、シソ科ウツボグサ属)の花が出始めました。

P6140025

名前は円筒形の花穂が弓矢を入れる靫(うつぼ)に似ていることに由来する。 「靫(うつぼ」とは武士が矢を入れて持ち歩いた用具のこと。 P6140022

| | コメント (0)

ナルコユリ

志高湖の湖南の林の中でナルコユリ(鳴子百合、ユリ科ナルコユリ属)の花が咲き始めました。

100614a

| | コメント (0)

山法師の花

九州北部も今日から梅雨入りとのニュースがありました。志高のヤマボウシも4枚の花びらのようなもの(総包片)が緑から白く変化して美しくなりました。

P6120032 P6120030

白鳥のヒナも大きくなりもうヒナとは言えない位になりました。 P6120038n でも鳴き声はまだヒヨヒヨです。 P6120037n

| | コメント (0)

ニガナ

志高の日当たりのよい所でニガナ(苦菜、キク科ニガナ属の多年草です。)の花が咲いています。

P6070003

P6070001

| | コメント (0)

タンポポモドキ

今日の志高は空と雲あざやかでした。夏の空のような雰囲気でした。

100609b

丘ではタンポポモドキの長い茎が風にゆられていました。

100609a

| | コメント (0)

スイカズラ

志高の大将軍山や湖岸で見られ始めました。近くによると甘ーい香りがします。

P6080003

P6080004

大将軍山ではまだ、きれいなツツジが咲いています。 P6080005 P6080008 P6080006

| | コメント (0)

シライトソウ

志高の大将軍山にシライトソウ(白糸草、ユリ科シライトソウ属)の白い花が見られ始めました。

P6070004

白鳥のヒナが陸に上がっていました。くちばしがしっかりしてきたようです。 Dscn3310

| | コメント (0)

ノアザミ

志高湖、日当たりのよい所にノアザミ(野薊、キク科アザミ属の多年草)の花がたくさん見られます。

P6050027

P6050028

| | コメント (0)

オオキンケイギク

オオキンケイギクの黄色い花です。

P6050023

花は太陽の光を浴びて黄色くて美しいのですが。

P6050026

| | コメント (0)

ニワゼキショウ

志高の日当たりのよいところ、あちらこちらで見られます。ニワゼキショウ((庭石菖)はアヤメ科ニワゼキショウ属の一年草。

100603c

白色のものと

10603d

桃色のものがあります。

100604a

| | コメント (0)

ヒメジョオン

ヒメジョオンの花が見られるようになりました。

100603a

ヒメジョオン(姫女菀は、キク科ムカシヨモギ属の植物)は漢字に直すと「姫女菀」となる。「姫」は「小さい」、「女菀」は「中国産の野草」を表す。日本に入ってきた当初は、「柳葉姫菊(やなぎばひめぎく)」と呼ばれたり、鉄道の線路沿いに広がったことから、「鉄道草(てつどうぐさ)」と呼ばれたりした。小さいシオン(紫菀)の一種であり、別種のヒメシオンと区別するために「ヒメジョオン」という名前が付いたという説もある。(ウィキペディア(Wikipedia)より)

100603b

| | コメント (0)

ノイバラの花

ノイバラ(野茨)の白い花です。志高湖の西湖岸で見られます。

100602a

たくさんありますよ。

100602b

| | コメント (0)

ダンデライオン(dandelion)

タイトルはタンポポの英語名です。タンポポの花、幾何的にみると美しいですね。綿帽子もありますが、花もまだまだ咲いています。志高湖です。

タンポポ(蒲公英)は、キク科タンポポ属 の総称である。多年生。多くはユーラシア大陸に自然分布する。なお、英語名のダンディライオン(dandelion)はフランス語で「ライオンの歯」を意味するダン=ド=リオン(dent-de-lion)に由来するが、これはギザギザした葉がライオンの牙を連想させることによる。(ウィキペディア(Wikipedia)より)

P5280013

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »