« ノイバラの花 | トップページ | ニワゼキショウ »

ヒメジョオン

ヒメジョオンの花が見られるようになりました。

100603a

ヒメジョオン(姫女菀は、キク科ムカシヨモギ属の植物)は漢字に直すと「姫女菀」となる。「姫」は「小さい」、「女菀」は「中国産の野草」を表す。日本に入ってきた当初は、「柳葉姫菊(やなぎばひめぎく)」と呼ばれたり、鉄道の線路沿いに広がったことから、「鉄道草(てつどうぐさ)」と呼ばれたりした。小さいシオン(紫菀)の一種であり、別種のヒメシオンと区別するために「ヒメジョオン」という名前が付いたという説もある。(ウィキペディア(Wikipedia)より)

100603b

|

« ノイバラの花 | トップページ | ニワゼキショウ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ノイバラの花 | トップページ | ニワゼキショウ »