« ゴンズイ | トップページ | ケヤキの黄葉 »

ムラサキシキブの実

志高でもムラサキシキブの実が見られ始めました。

ムラサキシキブ(紫式部)はクマツヅラ科ムラサキシキブ属の落葉低木で、日本各地の林などに自生し、また果実が紫色で美しいので観賞用にも栽培される。名前の由来は平安時代の女性作家「紫式部」だが、この植物にこの名が付けられたのはもともと「ムラサキシキミ」と呼ばれていたためと思われる。「シキミ」とは重る実=実がたくさんなるという意味。

101105a

|

« ゴンズイ | トップページ | ケヤキの黄葉 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ゴンズイ | トップページ | ケヤキの黄葉 »