« YES'89横浜博覧会 | トップページ | シーダーローズ »

オオイヌノフグリ

自然は正直ですね、立春を過ぎ暖かくなると春の花が咲き始めました。オオイヌノフグリの花です。

110205b

オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢、学名 Veronica persicaとはゴマノハグサ科クワガタソウ属の越年草。別名、瑠璃唐草・天人唐草・星の瞳。ヨーロッパ原産の帰化植物。路傍や畑の畦道などに見られる雑草。早春にコバルトブルーの花をつける。花弁は4枚。ただしそれぞれ大きさが少し異なるので花は左右対称である。花の寿命は1日。葉は1–2cmの卵円形で鋸歯がある。草丈10–20cm。名前のフグリとは陰嚢の事で、実の形が雄犬のそれに似ている事からこの名前が付いた。ただし、これは近縁のイヌノフグリに対してつけられたもので、この種の果実はそれほど似ていない。だから、正しくは、イヌノフグリに似た大型の植物の意である。(Wikipediaより)

110205a

|

« YES'89横浜博覧会 | トップページ | シーダーローズ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« YES'89横浜博覧会 | トップページ | シーダーローズ »