カエル出現

志高も暖かい日がつづくので、カエルさんが出てきました。3カ所で見かけました。これは大将軍山(だいじょうごんやま)の頂上の万葉歌碑の傍です。

P2230015

ヒキガエルさんでしょう。いわゆるガマガエルです。毎年今頃になると産卵活動のために出てきます。しばらくするとまた見かけなくなります。目に威力がありますね。

P2230014

| | コメント (0)

セグロセキレイ

氷結した湖面の上で飛び歩き回っていました。氷上の踊り子に見えました。

セグロセキレイ(背黒鶺鴒、スズメ目セキレイ科)は、頭から肩、背にかけてが濃い黒色で、腹部が白色で胸部は黒色。ハクセキレイと見分けがつきにくい場合があるが、本種は眼から頬・肩・背にかけて黒い部分がつながるところで判別できる。

セキレイ(鶺鴒)といえば、鶺鴒を図案化した花押の伊達政宗が有名ですね。豊臣秀吉とのやりとりで「自分の花押には眼の部分に針で小さな穴を空けてある、目に穴のない花押は偽物である」と釈明している話が有名ですね。

110128a

| | コメント (0)

コブ白鳥の飛翔

志高湖に居る白鳥はコブハクチョウ(瘤白鳥、学名:Cygnus olor)と言い、カモ目カモ科ハクチョウ属に分類される鳥類で、白鳥の一種です。全長約150cm。雌雄同色であり、全身白色の大型の水鳥である。扁平なくちばしはオレンジ色。くちばし上部の付け根に黒いコブのような裸出部があり、名前の由来になっている。

P1210002

白鳥が飛ぶ時、羽を動かすとワッサワッサと音がします。あの巨体を浮かせているわけですからね。

110122a

| | コメント (0)

ジョウビタキ

ジョウビタキ(スズメ目ツグミ科)のオスを見つけました。すこしずんぐりむっくりに見えますが斜め後ろより望遠で撮ったためです。

ジョウビタキ(尉鶲、常鶲、学名:Phoenicurus auroreus )は、スズメ目・ツグミ科(ヒタキ科)に分類される小鳥。日本では冬によく見られる渡り鳥である。

体長は13.5-15.5cm、体重13-20g。スズメよりわずかに小さい。オスは頭上が白く、目の周りが黒いのが特徴である。メスは頭が淡褐色でオスとは簡単に見分けられる。胸から腹、尾にかけてはオスメスとも橙色をしている。翼は黒褐色だが中ほどに白くて細長い斑点があり、ここで近縁種と区別することができる。

平地からの低山の明るく開けた林の中に生息する。冬の日本では人里や都市部の公園などでもよく見られ、身近な冬鳥の一つである。非繁殖期は縄張りを作って同種を排斥する習性があり、異性個体や鏡に映った自分の姿にも攻撃を加えるほどである。しかし人間に対する警戒心はわりと薄く、3m-4mくらいの所に降り立つこともある。

昆虫類やクモ類などを捕食するが、冬には木の実もよく食べ、ヒサカキなど実をつけた木によく止まっている。

樹洞、崖のくぼみなどに枯葉や苔を使って皿状の巣を作る。5-7個の卵を産み、主に雌が抱卵する。

地鳴きは自転車のブレーキ音を短くしたような声で、「ヒッ」や「キッ」と聞こえる甲高い声と軽い打撃音のような「カッ」という声を組み合わせた特徴的なものである。「ヒッ」の声はかなり遠くまで届く。早朝にも鳴くことが多く、2度「キッ、キッ」、続いて打撃音の「カッ、カッ」がくる。この打撃音が、火を焚くときの火打ち石を打ち合わせる音に似ていることから、「火焚き(ヒタキ)」の名が付いたとされる。(Wikipediaより)
110121a

| | コメント (0)

鴨さん達

朝、渡りの鴨さん達が枯れた草地で何かついばんでいました。それを白鳥さんがジーと見つめています。「何食ってんだろう」ってな感じですね。

Pc070001

| | コメント (0)

白鳥の飛翔

今日は飛んでいる白鳥の勇姿をカメラで捉えることが出来ました。

101127a

志高湖の岸辺を見ると氷が出来ていました。今年は岸辺が凍る時期がすこし遅いようです。 101127b 丘の東のモミジはまだ紅葉しています。岸辺が白くなっているのは、霜柱が出来ているのです。 Pb270017 盛り上がった霜柱です。 Pb270025

| | コメント (0)

渡りの鴨さん達

渡りの鴨さん、また遣ってきました。11羽になりました。

101003a

| | コメント (0)

渡りの鴨さん

渡りの鴨さんの先遣隊がもう遣って来たようです。昨年の初見は10月3日でしたので、今年は早いですね。四羽です。

100929b

左下の小さな水鳥は、志高湖に居着きのカイツブリです。

100929a

| | コメント (0)

アキアカネ

秋の空とアキアカネです。

アキアカネ(秋茜)は、トンボ科・アカネ属に分類されるトンボの一種。日本では普通に見られる。俗に赤とんぼと呼ばれ、狭義にはこの種だけを赤とんぼと呼ぶことがある。

P9180043a

画面の右隅に白くボヤーと見えると思います。飛行機雲なのですが、フォーカスが合わずアキアカネだけの画になりました。残念。

| | コメント (0)

鯉の稚魚・・・その2

先日は、黒鯉の稚魚でしたが、こんどは色鯉(錦鯉)の稚魚です。錦鯉の稚魚は黒鯉(真鯉)のように群れるほどたくさんはいないのですが、やはり卵から孵っています。こちらは群れてはいません。川鵜や青鷺のえさにならないように生き延びて大きくなってほしいものです。

100627a 100627b

| | コメント (0)

より以前の記事一覧