さよなら

今日、志高に行ってきました。雲ひとつなく最高のお天気、快晴でした。2007年4月15日の東京ディズニーランド24周年の開園記念日から始めましたこのブログも今日で4周年になり終りとすることにしました。今までご訪問いただきありがとうございました。最後は私の好きな山桜の花で締めくくりたいと思います。志高の大将軍山の中腹にあります一本の凛と立っている山桜です。
そして、中国初唐の詩人、劉希夷(りゅうきい)(651-679)の詩の一節を掲げます。

年年歳歳花相似(年年歳歳花相似たり)
歳歳年年人不同(歳歳年年人同じからず)

Img_2554

Img_2547

「さよなら」

| | コメント (0)

桜・・・咲く

2011年4月9日、志高、桜の花で春の色になっていました。今年は山桜よりソメイヨシノの方が早く咲きましたね。別府市保護樹の山桜はまだ咲いていませんでした。志高は一週間ぶりでした。私(このブログの管理人)はサラリーマンには宿命の春の異動があり、4月2日を以って志高を去りました。もう一度、私の好きな山桜が咲くころに志高に来てみたいですね。

P4090023

染井吉野の花です。

P4090013

駐車場の桜は満開に近いですね。

P4090024

ボート乗り場を背景に

P4090017

由布岳も春霞でかすんでいます。白い花はハクモクレンの木です。桃色はソメイヨシノの木です。

P4090008

| | コメント (0)

桜のつぼみ

暖かい日がつづきます、桜の開花ももうすぐです。

P4020001

| | コメント (0)

アマナ

アマナの花が咲き始めました。志高の防火線付近で見られます。

110330b

アマナは、単子葉植物ユリ科アマナ属の多年草です。なお、晴れた日には花がよく開くが、曇りの日には閉じてしまう。春の花の中でも特に早く咲くもののひとつである。新春に葉を伸ばし、それから花が咲くと、葉は夏頃まで残る。周囲の草丈が高くなると埋もれてしまう。いわゆるスプリング・エフェメラルの型に入る植物である。小さいながらも可憐な姿は山野草としての鑑賞価値があるが、栽培は易しくない。(『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

110330a

桜の蕾です。花の色が出てきました。 開花まであと4,5日でしょう。待ち遠しいですね。P3300006

| | コメント (1)

椿

志高の椿の園の椿もまた咲き始めました。個体により差がありますが。

P3260009

P3260008

| | コメント (0)

ホトケノザ・オオイヌノフグリ・ハコベ

志高の国民宿舎跡地付近です。ホトケノザ・オオイヌノフグリ・ハコベの花が見えます。

110323a

| | コメント (0)

白梅

昭和天皇植樹記念碑前庭の白梅が満開になりました。ここは周りにカイヅカイブキの木があり他の場所よりも日照が少ないので梅の花も咲くのが遅くなります。

P3220009

P3220010

| | コメント (0)

スミレの花と桜の蕾その2

志高の大将軍山で見つけました。スミレの花です。

P3210007

桜の蕾の開花、進んでいます。先日の木とは個体が違いますが 、雨ではありますが暖かいので開花に向かってイケイケドンドンですね。待ち遠しいですね。

P3210002

| | コメント (0)

菜の花

志高も「菜の花」が咲き始めました。

P3200001

菜の花は本当はアブラナです。 アブラナ(油菜)は、アブラナ科アブラナ属の二年生植物。古くから野菜として、また油を採るため栽培されてきた作物で、別名としてナノハナ(菜の花)、ナタネ(菜種、厳密には採取した種子のこと)などがあり、江戸時代には胡菜または菜薹と呼ばれた。 実際にはアブラナ属の花はどれも黄色で似通っていることから、すべて「菜の花」と呼ばれる傾向がある。(Wikipediaより)

P3200002

| | コメント (0)

フキノトウその2

フキノトウの苞が開き、花が見えるようになりました。

P3180004

| | コメント (0)

より以前の記事一覧